0120749440

0120749440

天使のはねランドセルが
選ばれる3つの理由

セイバンのランドセルは、なぜ多くのご家族の皆さまに選ばれているのでしょうか。その理由は、背負うお子さまのからだを考えた機能、「丈夫でしっかり、6年安心」な品質、日本製へのこだわりにあります。それぞれの理由について、詳しくご紹介します。

理由1

正しい姿勢で軽く背負える
「天使のはね」

重心を上げれば、
ランドセルは軽くなる

同じ重さのものを背負っていても、重心が上のほうが、からだに感じる重さは軽くなります。これに注目して開発したのが、ランドセルの重心を上げ、軽く背負える機能「天使のはね」。

セイバン天使のはねランドセルにはすべて、肩ベルトの付け根部分に、はねの形の樹脂素材が内蔵されています。これにより、肩ベルトの付け根がぐっと立ち上がり、肩にぴったりフィット。ランドセル全体の重心を上げ、重さを肩・背中・胸などに分散させます。また、からだにフィットすることでより正しい姿勢で背負えるようになるため、お子さまのからだが感じる重さやからだにかかる負担も軽くなります。

理由2

お子さまのことを考えた
「子ども想い品質」

丈夫でしっかり、6年安心

ランドセルにとって大切なことは「お子さまのからだにかかる負担が少ないこと」と「6年間丈夫で、安心して使えること」つまり、「子ども想い品質」です。

セイバンのランドセルは、本体部分に強くて硬いセイバン独自の芯材「タフかるプレート」を使用。この「タフかるプレート」にもう1枚芯材をつけて二重にしたものを、左右のマチと底の三面が一体となるようコの字に入れました。この「3面2重1体型の構造」で、本体にかかる圧力を分散させ型崩れを防ぎます。

このほかにも、取り出し口の変形を防ぐ「スタイルキーパー」、コーナー部分などの擦れを防ぐ「2重巻補強」など、破損や型崩れを防ぎ、耐久性を高める機能がついています。

品質を守るのは、
テストと改良の積み重ね

どんなにすぐれた機能やパーツも、6年間きちんと役目を果たせなければ意味がありません。セイバンは外部機関と協力し、共同開発や耐久テストを実施。細かなパーツに至るまで、6年間破損することなくその機能を維持できるか繰り返しチェックし、素材や形状の改良を重ねています。

このような小さなこだわりの積み重ねこそが、6年間安心してお使いいただける、セイバンランドセルの「子ども想い品質」を作り上げているのです。

理由3

「日本製」であることへの
こだわり

セイバンはずっと
メイド・イン・ジャパン

70年以上ランドセルを作りつづけてきたセイバン。この長い歴史に欠かせなかったのが、工場でランドセルをつくる「職人」です。セイバンがお届けしたいのは「背負いやすくからだに負担がかかりにくいランドセル」。これを安定した品質で作るには、日本の職人が持つ「細部までこだわる根気」「磨きこまれた技」がなければできません。そのためには、国内で生産するのがベスト。そう考え、日本国内の工場でランドセルづくりを続けています。

ランドセルは、職人の技術の結晶

生地の裁断、縫製、最後の仕上げなど、ランドセルづくりで重要なところは、すべて職人の手で行っています。例えば、下ベルトの付け根部分や繊細なステッチなど。専門の職人が自分の目と手を使うことで、丈夫で質の高いランドセルが出来上がります。ランドセル作りのすべての工程を経験し、先輩の技から学び、練習を繰り返すことで熟練の技を身につけて行く職人たち。一つひとつのランドセルには、そんな職人技が結集しています。